[2021年2月]国内旅行の取扱額が微増

観光庁は4月9日に、主要旅行業者の旅行取扱状況速報 (2021年2月分)を発表した(リンクはこちら)。それによると、総取扱額は海外旅行、外国人旅行、国内旅行各部門で前年同月と比べ大幅に減少した。詳細は次の通り。

先月に国内旅行の取扱額は悪化し、前年同月比で20.0%であった。それに対し今月の国内旅行の取扱額は多少回復し、23.4%であった。海外旅行と外国人旅行と国内旅行の合計で見ても、先月は前年同月比で12.6%であったのに対し、今月は14.1%と多少回復した。

とはいえ、旅行業界を取り巻く環境が厳しいことに変わりはない。緊急事態宣言が大都市圏で再び発令される見込みであるため、ゴールデンウィークや夏休みの旅行需要は期待できない。当然、Go To トラベル事業の再開は当面無いだろう。

一刻も早く事態が収束することを期待する。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [2024年2月]訪日外国人数278万人、2月として過去最高

  2. [2020年5月]今月も訪日外国人数が99.9%減少

  3. [2020年11月]宿泊者数・客室稼働率が共に回復傾向

  4. [2022年3月]訪日外国人数が前年同月比5倍以上

  5. [2023年1月]訪日外国人数、単月で140万人超え

  6. [人気ツアー]グランプリ受賞はこちら

  7. [訪日外国人]平成最後の統計を図で振り返る

  8. [2020年8月]国内旅行が更に回復

  9. [2022年10月]訪日外国人数、前月の2.5倍に

  10. [2021年11月]訪日外国人数が半減以下

  11. [2021年1月]訪日外国人数が46,500人/前年同月比98.3%減

  12. [2021年6月]訪日外国人数が3倍超

  13. [2020年5月]旅行取扱額が97.6%減少

  14. [2020年7月]訪日外国人数が4ヶ月連続で99.9%減

  15. 「にっぽんの温泉100選」が発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。