[宿泊業]2019年冬のボーナスはどうなったか

12月は冬のボーナスが支給される月である。これを心待ちにしているサラリーマンは多いのではないだろうか。

自身の金額が分かれば、次に気になるのは世間や同僚の金額である。ボーナスの金額は経団連等が統計を発表している。この記事では、より区分が細かい東京都民間労働組合の統計を紹介する。結果は次のようになった。

出典:東京都産業労働局

1位は「教育、学習支援」で約135万円である。少子化が進む一方で、教育熱も高まっており、それがこの業界のボーナス金額を上げたと思われる。

本題に入ると、宿泊業は最下位の18位で、金額は約57万円である。これは全業種平均の約76万円から約20万円も低い。以前の記事でも述べたように、宿泊業では過当競争が生じている(以前の記事はこちら)。これが、ボーナスが低い原因の1つだろう。

この結果、宿泊業では人手不足が慢性化している。生産性向上が急務である。そこで、以前の別の記事でも述べたように、生産性向上のためのノウハウの共有やIT化が進んでいる(以前の記事はこちら)。

現状では宿泊業の従事者にとって満足のいく待遇は得られていないかもしれない。しかし、生産性向上のための試みは進んでいる。これが一層進み、現場の従業員の満足度が向上することを祈る。

●弊社翻訳サービスの紹介
翻訳者プロフィール
H.I
翻訳歴10年以上。日→英、英→日、スペイン語→日本語に対応。TOEICスコアは955。翻訳ジャンルは知的財産(特に特許)、法務、金融、IT、ゲーム等。旅館・ホテル様に限らず、幅広いお客様からご依頼を承っております。他社様の翻訳のダブルチェックも承ります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [2021年2月]訪日外国人数が7,400人/前年同月比99.3%減

  2. [2021年6月]訪日外国人旅行の取扱額が大幅増加

  3. [2021年2月]国内旅行の取扱額が微増

  4. [観光庁]延べ宿泊者数76.8%減少。客室稼働率16.6%

  5. [訪日外国人]平成最後の統計を図で振り返る

  6. [2020年9月]訪日外国人数が1万人を回復

  7. 民泊の状況はどうなっているのか

  8. [2021年11月]訪日外国人数が半減以下

  9. [2020年9月]国内旅行の取扱額が回復傾向

  10. [2021年3月]訪日外国人数が12,300人/前年同月比93.6%減

  11. コロナウイルスの影響で訪日外国人数が58%減

  12. [2020年5月]旅行取扱額が97.6%減少

  13. [日本の都市特性評価2019]トップはどの都市だったのか

  14. 2019年11月下旬の週末は各地で混雑するのか

  15. [2020年6月]旅行需要が持ち直し傾向

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 観光関連産業団体らが「水際対策緩和に関する要望書」を国土交通大…

    2022.05.14

  2. Boxに保存するだけでAI翻訳 「ヤラクゼン for Box」

    2022.05.07

  3. マスク型翻訳機「C-FACE」がCESに登場

    2022.04.29

  4. [2022年3月]訪日外国人数が前年同月比5倍以上

    2022.04.22

  5. 翻訳のポケトークにアプリ版が登場

    2022.04.14

  6. [令和4年2月]訪日外国人旅行の取扱額が2倍

    2022.04.09

  7. 第5回 自動翻訳シンポジウムが開催

    2022.03.20

  8. [2022年2月]訪日外国人数が前年同月比2倍以上

    2022.03.17

  9. [令和4年1月]訪日外国人旅行の取扱額の増加が継続

    2022.03.13

  10. 議事録作成・翻訳ツールのPCブラウザ版、無料トライアル受付開始

    2022.03.03