[令和3年11月]訪日外国人旅行の取扱額が約3倍に

観光庁は令和4年1月14日に、主要旅行業者の旅行取扱状況速報 (令和3年11月分)を発表した。

▼リリース内容はこちら
https://www.mlit.go.jp/common/001459206.pdf

上記の通り、海外旅行と(訪日)外国人旅行で、取扱額が前年同月を上回った。特に外国人旅行では、取扱額は前年同月比で272.6%であり、約3倍となった。コロナ禍前の水準には程遠いが、着実に回復している。

一方で国内旅行の取扱額は、前年同月比で83.5%であった。原因は、Go To トラベル事業の一時停止と考えられる。

少しずつではあるが、日本と海外との往来は再開している。新型コロナウイルスの変異株に対する感染対策との両立が求められる。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [2024年2月]訪日外国人数278万人、2月として過去最高

  2. [2021年1月]国内旅行の取扱額が再び悪化

  3. [2020年7月]旅行取扱額が87.4%減少

  4. 2019年11月下旬の週末は各地で混雑するのか

  5. [2021年5月]国内旅行の取扱額が大幅増加

  6. [2024年1月]訪日外国人数268万人、コロナ禍前と同水準

  7. [2021年11月]訪日外国人数が半減以下

  8. [訪日外国人]平成最後の統計を図で振り返る

  9. [2024年5月]訪日外国人数304万人、3ヶ月連続で300万人超

  10. 日本人は余暇をどう過ごしているのか

  11. [2020年9月]訪日外国人数が1万人を回復

  12. [令和4年2月]訪日外国人旅行の取扱額が2倍

  13. [2021年4月]国内旅行の取扱額が大幅増加

  14. [日本の都市特性評価2019]トップはどの都市だったのか

  15. [2020年5月]今月も訪日外国人数が99.9%減少

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。