[令和3年11月]訪日外国人旅行の取扱額が約3倍に

観光庁は令和4年1月14日に、主要旅行業者の旅行取扱状況速報 (令和3年11月分)を発表した。

▼リリース内容はこちら
https://www.mlit.go.jp/common/001459206.pdf

上記の通り、海外旅行と(訪日)外国人旅行で、取扱額が前年同月を上回った。特に外国人旅行では、取扱額は前年同月比で272.6%であり、約3倍となった。コロナ禍前の水準には程遠いが、着実に回復している。

一方で国内旅行の取扱額は、前年同月比で83.5%であった。原因は、Go To トラベル事業の一時停止と考えられる。

少しずつではあるが、日本と海外との往来は再開している。新型コロナウイルスの変異株に対する感染対策との両立が求められる。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [2022年9月]訪日外国人数、コロナ以降初めて20万人超

  2. [2020年8月]国内旅行が更に回復

  3. [2023年5月]訪日外国人数、今月も200万人目前

  4. コロナウイルスの影響で訪日外国人数が58%減

  5. [2022年10月]訪日外国人数、前月の2.5倍に

  6. [2024年1月]訪日外国人数268万人、コロナ禍前と同水準

  7. [2020年6月]訪日外国人数が3ヶ月連続で99.9%減少

  8. [2021年6月]訪日外国人旅行の取扱額が大幅増加

  9. [2021年1月]訪日外国人数が46,500人/前年同月比98.3%減

  10. [令和3年10月]訪日外国人旅行の取扱額が約2倍に

  11. [取扱金額]旅行業者ごとの状況(平成30年度)

  12. [2023年6月]訪日外国人数、200万人突破

  13. [宿泊業]2019年冬のボーナスはどうなったか

  14. [2021年3月]訪日外国人数が12,300人/前年同月比93.6%減

  15. [2020年10月]国内旅行の取扱額が大幅に回復

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。