[2020年10月]国内旅行の取扱額が大幅に回復

観光庁は12月18日に、主要旅行業者の旅行取扱状況速報 (令和2年10月分)を発表した(リンクはこちら)。それによると、総取扱額は海外旅行、外国人旅行、国内旅行各部門で前年同月と比べ大幅に減少した。詳細は次の通り。

国内旅行については、Go To トラベルに東京都が追加された効果もあり、上記画像の通り前年同月比61.3%と大幅に回復した。先月の取扱額は、前年同月比37.2%であった。

しかし今後の見通しは不透明だ。新型コロナウイルスの感染再拡大で、Go To トラベルは12月28日から1月11日まで全国的に一時停止する。これに伴い、国内旅行のキャンセルが相次いでおり、現場は混乱している。

観光業には厳しい冬が訪れている。Go To トラベル以外での経営的な支援が必要であろう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [2020年3月]訪日外国人数が93%減少

  2. [2023年4月] 訪日外国人数、昨年10月以降で最高 200万人目前

  3. 沖縄の観光産業への就業意向イメージが良くない?

  4. [2020年11月]宿泊者数・客室稼働率が共に回復傾向

  5. [取扱金額]旅行業者ごとの状況(平成30年度)

  6. [2021年3月]国内旅行の取扱額が増加

  7. [2021年1月]訪日外国人数が46,500人/前年同月比98.3%減

  8. [2022年10月]訪日外国人数、前月の2.5倍に

  9. [観光庁]外国人旅行者が訪日旅行中に困ったことランキング

  10. [2022年11月]訪日外国人数、100万人弱まで急回復

  11. [2020年9月]国内旅行の取扱額が回復傾向

  12. [2022年5月]訪日外国人数、2ヶ月連続で10万人超

  13. 訪日外国人数4000万人の目標は達成できるのか

  14. [2020年5月]今月も訪日外国人数が99.9%減少

  15. [2019年夏休み]人気旅行先ランキング(国内)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。