[2020年8月]国内旅行が更に回復

観光庁は10月16日に、主要旅行業者の旅行取扱状況速報(令和2年8月分)を発表した(リンクはこちら)。新型コロナウイルスの感染拡大による旅行の延期及び中止により、総取扱額は前年同月と比べて大幅に減少した。結果は次の通り。

出典:観光庁

結果を詳細に説明すると、海外旅行の取扱額は前年同月と比べて98.3%減少した。外国人旅行のそれは96.0%減少した。なお国内旅行については、Go To トラベルキャンペーンの効果があり、76.3%減少で済んだ。前月の78.4%減少という結果に比べると、わずかながら回復した。

Go To トラベルに東京発着の旅行が追加されたため、当初予定した形となった。また、15%分の地域共通クーポンの配布も始まり、Go To キャンペーンによる支援は拡大している。現時点ではGo To キャンペーンは来年の1月31日まで実施される予定だが、延長される可能性も高い。

国内旅行の取扱額は徐々に回復しているが、その足取りは遅い。とはいえ、冬場にかけて新型コロナウイルスが再流行するとの味方がある。Go To トラベルは、状況を見極めながら慎重に進められる必要があるだろう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [2020年7月]旅行取扱額が87.4%減少

  2. 民泊の状況はどうなっているのか

  3. [2024年1月]訪日外国人数268万人、コロナ禍前と同水準

  4. [2021年7月]訪日外国人数が大幅増加

  5. [新型コロナウイルス]新幹線での輸送量40%以上減 貸切バスの運送収入79%減

  6. 旅館の休館日はいつなのか

  7. [観光庁]延べ宿泊者数76.8%減少。客室稼働率16.6%

  8. [2023年10月]訪日外国人数251万人、2019年同月超え

  9. [2020年6月]旅行取扱額が92.9%減少

  10. [2022年]訪日外国人数、年間383万人

  11. [2020年11月]宿泊者数・客室稼働率が共に回復傾向

  12. [2021年6月]訪日外国人旅行の取扱額が大幅増加

  13. 訪日外国人数4000万人の目標は達成できるのか

  14. [2020年10月]訪日外国人数が27,000人超え

  15. [2024年5月]訪日外国人数304万人、3ヶ月連続で300万人超

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。