[2024年1月]訪日外国人数268万人、コロナ禍前と同水準

日本政府観光局(JNTO)は、2024年1月の訪日外客数(訪日外国人数)の推計値を発表した。

▼リリース内容はこちら
https://www.jnto.go.jp/statistics/data/20240221_monthly.pdf

発表によると、訪日外国人数は268万8,100人で、前年同月比79.5%増だった。約1.8倍になった。コロナ禍前の2019年同月との比較では、ほぼ同数にまで回復した。

要因としては、東アジアでは台湾、東南アジアではフィリピン、欧米豪・中東地域では米国などで訪日外国人数が増加したことと見られる。特に、韓国、台湾、シンガポール、インドネシア、フィリピン、豪州、 米国、カナダ、メキシコ、中東地域において 1 月として過去最高を記録した。

訪日外国人数の国籍別ランキングのトップ3は次の通り。

1位 韓国 85万7,000人

2位 台湾 49万2,300人

3位 中国 41万5,900人

トップ3の顔ぶれは前月と同じだった。

※JNTOによる訪日外国人数とは、日本を訪れた外国人旅行者の数を指す。具体的には下記の算出式から算出される。駐在員やその家族、留学生等の入国者・再入国者は訪日外客数に含まれる。乗員上陸数(航空機・船舶の乗務員)は訪日外国人数に含まれない。

訪日外国人数=(国籍に基づく法務省集計による外国人正規入国者)-(日本を主たる居住国とする永住者等の外国人)+(外国人一時上陸客等)

  • コメント: 0

関連記事

  1. [2022年]訪日外国人数、年間383万人

  2. [取扱金額]旅行業者ごとの状況(平成30年度)

  3. [2020年4月]訪日外国人数が99.9%減少

  4. 旅行会社の未来

  5. [2020年11月]訪日外国人数が56,700人に倍増

  6. [2022年11月]訪日外国人数、100万人弱まで急回復

  7. [令和4年2月]訪日外国人旅行の取扱額が2倍

  8. 2019年のゴールデンウィークが旅行取扱額に与えた影響

  9. [2021年7月]訪日外国人数が大幅増加

  10. [2021年2月]訪日外国人数が7,400人/前年同月比99.3%減

  11. [2021年5月]国内旅行の取扱額が大幅増加

  12. [訪日外国人]平成最後の統計を図で振り返る

  13. [2023年4月] 訪日外国人数、昨年10月以降で最高 200万人目前

  14. [2021年1月]訪日外国人数が46,500人/前年同月比98.3%減

  15. [2020年7月]旅行取扱額が87.4%減少

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。