[2021年7月]訪日外国人旅行の取扱額が今月も大幅増加

観光庁は9月10日に、主要旅行業者の旅行取扱状況速報 (2021年7月分)を発表した(リンクはこちら)。詳細は次の通り。

上記の通り、海外旅行、(訪日)外国人旅行、国内旅行の全てにおいて、取扱額は前年同月を上回った。

特に伸びが目立ったのは外国人旅行だ。先月の取扱額は前年同月比で883%であったが、今月はそれを更に上回り前年同月比で2883.2%だ。今月の取扱額は前々年同月比で155.1%であるため、コロナ禍前をも上回った。

大幅増加の要因としては、東京オリンピック・パラリンピックが挙げられる。

東京オリンピック・パラリンピックの終了に伴い外国人旅行の取扱額は減少すると予想される。しかし世界では、ワクチン接種率の上昇に伴い、人の往来を緩和する動きが見られる。

日本もその波についていけるかどうかが注目される。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [宿泊業]2019年冬のボーナスはどうなったか

  2. [2022年9月]訪日外国人数、コロナ以降初めて20万人超

  3. [2020年8月]国内旅行が更に回復

  4. 旅館の休館日はいつなのか

  5. ホテルが多すぎる?

  6. [2020年11月]訪日外国人数が56,700人に倍増

  7. [2021年6月]訪日外国人旅行の取扱額が大幅増加

  8. [2021年2月]訪日外国人数が7,400人/前年同月比99.3%減

  9. [2023年9月]訪日外国人数218万人、2019年比の9割超え

  10. [2020年6月]旅行需要が持ち直し傾向

  11. [2020年10月]国内旅行の取扱額が大幅に回復

  12. [2020年3月]訪日外国人数が93%減少

  13. [2022年10月]訪日外国人数、前月の2.5倍に

  14. [2020年4月]訪日外国人数が99.9%減少

  15. [2022年4月]訪日外国人数、約2年ぶりに10万人超

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。