[2020年11月]国内旅行の取扱額が更に回復

観光庁は1月15日に、主要旅行業者の旅行取扱状況速報 (令和2年11月分)を発表した(リンクはこちら)。それによると、総取扱額は海外旅行、外国人旅行、国内旅行各部門で前年同月と比べ大幅に減少した。詳細は次の通り。

上記の通り、国内旅行の取扱額は先月よりも回復した。先月の国内旅行の取扱額が前年同月比で61.3%であったのに対し、今月は前年同月比で74.2%である。

とはいえ国内旅行の取扱額は、依然として前年同月比で74.2%にすぎない。旅行業では、利益率が5%を超えない企業がほとんどだ。そのような企業で今回のように取扱額(売上)が前年同月比で74.2%まで落ち込んだら、経費削減を大々的に行わない限り赤字は必至だろう。

昨年末、新型コロナウイルスの再拡大が確認された。更に、2021年1月にはGo To トラベルが一時停止された。以上のことから、今後発表される統計では、取扱額が減少する可能性がある。

新型コロナウイルスが収束しない限り、旅行業の今後は明るくないだろう。現場の方々の生活を守る手厚い政策が望まれる。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [2021年11月]訪日外国人数が半減以下

  2. [2019年夏休み]人気旅行先ランキング(国内)

  3. [2021年5月]国内旅行の取扱額が大幅増加

  4. [令和3年12月]訪日外国人旅行の取扱額が41.2%増加

  5. [2020年6月]訪日外国人数が3ヶ月連続で99.9%減少

  6. [2021年7月]訪日外国人旅行の取扱額が今月も大幅増加

  7. 訪日外国人数4000万人の目標は達成できるのか

  8. [2021年2月]国内旅行の取扱額が微増

  9. [2021年6月]訪日外国人数が3倍超

  10. [宿泊業]2019年冬のボーナスはどうなったか

  11. [2020年6月]旅行需要が持ち直し傾向

  12. [2022年11月]訪日外国人数、100万人弱まで急回復

  13. [2021年1月]国内旅行の取扱額が再び悪化

  14. [2024年1月]訪日外国人数268万人、コロナ禍前と同水準

  15. [2022年7月]訪日外国人数、4ヶ月連続で10万人超

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。