[2021年6月]訪日外国人旅行の取扱額が大幅増加

観光庁は8月6日に、主要旅行業者の旅行取扱状況速報 (2021年6月分)を発表した(リンクはこちら)。詳細は次の通り。

海外旅行、(訪日)外国人旅行、国内旅行の全てにおいて、取扱額は前年同月を上回った。特に伸びが目立ったのは外国人旅行で、前年同月比で883%であった。

とはいえ、前年同月は、新型コロナウイルスの流行が騒がれている最中であったため、前年同月比での大幅上昇は当然とも言える。新型コロナウイルスが流行する前と比べた前々年同月比では、取扱額は3.0%に過ぎない。

国内旅行の取扱額は156.6%であり、順調に伸びている。国内旅行の取扱額は全体に占める割合が大きいだけに、旅行業界が回復するかどうかは国内旅行にかかっている。

引き続き、経済と感染抑止の両立が求められる。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [2023年6月]訪日外国人数、200万人突破

  2. [2021年11月]訪日外国人数が半減以下

  3. [2020年7月]旅行取扱額が87.4%減少

  4. 沖縄の観光産業への就業意向イメージが良くない?

  5. [2021年8月]訪日外国人旅行の取扱額が今月も大幅増加

  6. [2021年3月]訪日外国人数が12,300人/前年同月比93.6%減

  7. [2022年9月]訪日外国人数、コロナ以降初めて20万人超

  8. [2021年3月]国内旅行の取扱額が増加

  9. [2021年2月]国内旅行の取扱額が微増

  10. 「にっぽんの温泉100選」が発表

  11. [2023年7月]訪日外国人数232万人、年間2000万人に迫る勢い

  12. [2021年5月]訪日外国人数が大幅増加

  13. [2020年11月]宿泊者数・客室稼働率が共に回復傾向

  14. 訪日外国人数4000万人の目標は達成できるのか

  15. コロナウイルスの影響で訪日外国人数が58%減

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。