[2021年6月]訪日外国人旅行の取扱額が大幅増加

観光庁は8月6日に、主要旅行業者の旅行取扱状況速報 (2021年6月分)を発表した(リンクはこちら)。詳細は次の通り。

海外旅行、(訪日)外国人旅行、国内旅行の全てにおいて、取扱額は前年同月を上回った。特に伸びが目立ったのは外国人旅行で、前年同月比で883%であった。

とはいえ、前年同月は、新型コロナウイルスの流行が騒がれている最中であったため、前年同月比での大幅上昇は当然とも言える。新型コロナウイルスが流行する前と比べた前々年同月比では、取扱額は3.0%に過ぎない。

国内旅行の取扱額は156.6%であり、順調に伸びている。国内旅行の取扱額は全体に占める割合が大きいだけに、旅行業界が回復するかどうかは国内旅行にかかっている。

引き続き、経済と感染抑止の両立が求められる。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [2020年12月]日本人の宿泊者数・客室稼働率が共に悪化

  2. [2023年3月]訪日外国人数、昨年10月以降で最高

  3. [2021年1月]訪日外国人数が46,500人/前年同月比98.3%減

  4. [新型コロナウイルス]新幹線での輸送量40%以上減 貸切バスの運送収入79%減

  5. [2021年7月]訪日外国人数が大幅増加

  6. 2019年のゴールデンウィークが旅行取扱額に与えた影響

  7. [2021年3月]国内旅行の取扱額が増加

  8. [2022年11月]訪日外国人数、100万人弱まで急回復

  9. [2022年5月]訪日外国人数、2ヶ月連続で10万人超

  10. [観光庁]延べ宿泊者数76.8%減少。客室稼働率16.6%

  11. [2021年2月]国内旅行の取扱額が微増

  12. [2019年夏休み]人気旅行先ランキング(国内)

  13. [令和3年12月]訪日外国人旅行の取扱額が41.2%増加

  14. [2020年10月]訪日外国人数が27,000人超え

  15. [2022年4月]訪日外国人数、約2年ぶりに10万人超

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。