[2020年7月]訪日外国人数が4ヶ月連続で99.9%減

日本政府観光局は2020年8月21日に、2020年7月の訪日外国人数を発表した。結果は、前年同月⽐ 99.9%減の3,800人であった。前年同月⽐ 99.9%減となるのは4ヶ月連続だ。

出典:日本政府観光局(JNTO)

先月の訪日外国人数の2,600人から微増した。引き続き、新型コロナウイルス感染症により世界的に旅⾏需要が停滞している。

そのような状況下、外国から日本への入国は緩和される。政府は、中長期の在留資格を持つすべての外国人について、9月から日本への再入国を認める方針だ。再入国に際し、PCR検査や、自宅やホテルなどでの14日間の待機が要求される。さらに8月中には、外国人留学生の入国制限が一部緩和される。

感染の再拡大を防ぐために、政府は9月に成田、羽田、関西国際の3空港に「PCRセンター」を設ける。検査能力は現在の2.5倍の1日1万人に増加する。このように訪日外国人数は僅かながら回復している。

国内旅行の状況も、僅かながら回復している。「Go Toトラベル」について国土交通大臣は、8月25日の記者会見で、これまでに少なくとも延べ420万人分の利用があったことを明らかにした。

以上のように、旅行を取り巻く状況は、悪いながらも徐々に回復している。感染症を克服しない限り元の状態に戻ることは困難と思われる。しかし、感染防止対策と旅行の活性化を両立できる状況が確立されることを祈る。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [2022年2月]訪日外国人数が前年同月比2倍以上

  2. [2020年7月]旅行取扱額が87.4%減少

  3. [令和4年2月]訪日外国人旅行の取扱額が2倍

  4. [2023年9月]訪日外国人数218万人、2019年比の9割超え

  5. [2020年3月]訪日外国人数が93%減少

  6. コロナウイルスの影響で訪日外国人数が58%減

  7. [2022年9月]訪日外国人数、コロナ以降初めて20万人超

  8. [2021年11月]訪日外国人数が半減以下

  9. [2023年5月]訪日外国人数、今月も200万人目前

  10. [2020年12月]日本人の宿泊者数・客室稼働率が共に悪化

  11. [2022年3月]訪日外国人数が前年同月比5倍以上

  12. [2021年4月]国内旅行の取扱額が大幅増加

  13. 旅館の休館日はいつなのか

  14. [2023年2月]訪日外国人数、今月も140万人超え

  15. [2020年9月]国内旅行の取扱額が回復傾向

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。