[2020年9月]訪日外国人数が1万人を回復

日本政府観光局(JNTO)は2020年8月の訪日外国人数を発表した(リンクはこちら)。それによると、その月の訪日外国人数は13,700人で、2020年3月以来初めて1万人を超えた。結果は次の通り。

出典:日本政府観光局(JNTO

訪日外国人数は緩やかに増えているとはいえ、前年同月比で99.4%減少であった。

国籍別ではベトナムが一番多かった。この理由は主に次の2つであろう。
・ベトナムでの新規感染者が比較的落ち着いていること
・日本とベトナムとの間でビジネス関係での往来が許可されていること

訪日外国人数は、日本だけでなく外国も入国を緩和しなければ増加しない。日本だけの努力ではどうにもならないのだ。しかし新型コロナウイルスの感染者は欧州では増加の一途をたどっている。訪日外国人数の回復は全く期待できない。

インバウンド業界はこれからも辛抱が必要だろう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [2021年5月]国内旅行の取扱額が大幅増加

  2. [2021年通年]訪日外国人数は前年比94%減

  3. [2020年12月]国内旅行の取扱額の回復が鈍化

  4. [宿泊業]2019年冬のボーナスはどうなったか

  5. [2021年6月]訪日外国人数が3倍超

  6. [2020年8月]国内旅行が更に回復

  7. [2021年3月]国内旅行の取扱額が増加

  8. [2023年2月]訪日外国人数、今月も140万人超え

  9. 旅行会社の未来

  10. [2020年1月]訪日外国人数が減少

  11. [2022年2月]訪日外国人数が前年同月比2倍以上

  12. [2023年12月]訪日外国人数273万人、年間2,500万人超え

  13. [取扱金額]旅行業者ごとの状況(平成30年度)

  14. [2024年1月]訪日外国人数268万人、コロナ禍前と同水準

  15. [2020年4月]訪日外国人数が99.9%減少

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。