[2020年11月]訪日外国人数が56,700人に倍増

日本政府観光局(JNTO)は12月16日に、2020年11月の訪日外国人数を発表した(リンクはこちら)。

それによると、11月の訪日外国人数は56,700人で、10月の27,400人の2倍以上となった。詳細な結果は次の通り。

出典:日本政府観光局(JNTO)

内訳を見ると、中国とベトナムからの訪日外国人数がそれぞれ1万人を超えた。この要因は、ビジネスでの往来が再開されるとともに、留学生や家族などの入国が緩和されたことだ。

とはいえ訪日外国人数は、全体として、前年同月比で97.7%減少した。観光業には寒い冬が訪れている。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [2024年2月]訪日外国人数278万人、2月として過去最高

  2. 2018年の宿泊業での給与は伸びたのか

  3. [新型コロナウイルス]新幹線での輸送量40%以上減 貸切バスの運送収入79%減

  4. 日本人は余暇をどう過ごしているのか

  5. [2020年5月]今月も訪日外国人数が99.9%減少

  6. [2021年1月]国内旅行の取扱額が再び悪化

  7. [2023年9月]訪日外国人数218万人、2019年比の9割超え

  8. [2020年11月]宿泊者数・客室稼働率が共に回復傾向

  9. [2023年5月]訪日外国人数、今月も200万人目前

  10. [2021年3月]訪日外国人数が12,300人/前年同月比93.6%減

  11. [2021年6月]訪日外国人旅行の取扱額が大幅増加

  12. [2022年4月]訪日外国人数、約2年ぶりに10万人超

  13. [2020年5月]旅行取扱額が97.6%減少

  14. 沖縄とハワイは何が違うのか

  15. [2023年1月]訪日外国人数、単月で140万人超え

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。