Boxに保存するだけでAI翻訳 「ヤラクゼン for Box」

八楽株式会社は、コンテンツクラウド「Box」と連携し、多言語AI翻訳を可能とする新サービス「セキュアAI翻訳・ヤラクゼン for Box」(以下、本サービスという)の提供を開始する。

▼リリース内容はこちら
https://pages.yarakuzen.com/integrate_box

出典:上記のリリースURL

Contents

■本サービスの開発の経緯

Boxは国内で多くの企業に利用されているコンテンツクラウドだ。しかし、翻訳の際に別の翻訳ツールにアップロードすると、情報漏洩のリスクに晒されるだけでなく、手間と時間がかかる。そこで、Box内の指定フォルダと同期する本サービスの開発へと至った。

■本サービスの特徴

1.セキュアな環境で行うAI自動翻訳
強固なセキュリティを誇る「Box」を活用し、ファイルをセキュアな環境下においたまま定期的にAI自動翻訳を行う。

2.ファイルのアップロードやシェアの手間を削減
Boxから取り出すことなくそのまま翻訳を実行するので、アップロードやダウンロードの手間なくそのまま共有が可能。

3.カスタマイズできる翻訳エンジン
社内用語や専門用語、よく使うフレーズを自動反映。翻訳エンジンは、DeepL、Google翻訳、Microsoft、NICTの4つから選択可能。

■料金

初期費用は10万円(税別)。月々の料金は翻訳文字数による従量制課金で、例えば月250万字までなら5万円だ。詳しくは上記のリリースURLを参照されたい。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 翻訳ツール「DeepL」のChrome拡張で外国語をその場で読み書き

  2. 議事録作成・翻訳ツールのPCブラウザ版、無料トライアル受付開始

  3. 自動翻訳シンポジウムがオンラインで開催[2022/3/11]

  4. 翻訳のポケトークにアプリ版が登場

  5. 第5回 自動翻訳シンポジウムが開催

  6. マスク型翻訳機「C-FACE」がCESに登場

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。