[2020年5月]今月も訪日外国人数が99.9%減少

日本政府観光局は、2020年6月17日、2020年5月の訪日外国人数を発表した。次の画像に示すとおり、総数は1700人だった。

出典:「日本政府観光局(JNTO)」

1700人という人数は、統計を取り始めた1964年以降で過去最小だ。前月と同様、訪日外国人数は前年同月比で99.9%減少した(前月の記事はこちら)。

現在も、新型コロナウイルスの影響で、多くの国において海外渡航制限や外出禁止等の措置が取られている。日本でも、検疫の強化や査証の無効化等の措置が取られている。

日本政府は6月下旬からビジネス関係者に限り、ベトナムとの間で相互の往来を再開させる方向だ。ただし、PCR検査の実施等が義務化される。このように緩和の動きは始まろうとしているが、コロナ前の水準に戻るには数年かかる見込みだ。

とはいえ、日本国内における旅行消費額を日本人と外国人とで比較すると、日本人による消費額の方が圧倒的に大きい。日本人による消費額が約20兆円。外国人による消費額が約4兆円だ。

そこで日本政府は早ければ来月にも、日本人旅行者の消費を喚起するために、「Go To キャンペーン」を実施したい考えだ。その予算は1.7兆円であり、前例のない大規模だ。現状ではまだ委託先が決まっていないため、実施の開始が遅れる可能性はある。

観光立国の維持及び推進のために、早期の実施を望む。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [2020年4月]訪日外国人数が99.9%減少

  2. [令和3年10月]訪日外国人旅行の取扱額が約2倍に

  3. [2020年7月]訪日外国人数が4ヶ月連続で99.9%減

  4. [2020年12月]国内旅行の取扱額の回復が鈍化

  5. [2019年夏休み]人気旅行先ランキング(国内)

  6. [2024年2月]訪日外国人数278万人、2月として過去最高

  7. [2020年11月]国内旅行の取扱額が更に回復

  8. [令和4年2月]訪日外国人旅行の取扱額が2倍

  9. [2022年9月]訪日外国人数、コロナ以降初めて20万人超

  10. [2021年11月]訪日外国人数が半減以下

  11. 日本人は余暇をどう過ごしているのか

  12. [令和4年1月]訪日外国人旅行の取扱額の増加が継続

  13. [2023年11月]訪日外国人数244万人、累計2,000万人超え

  14. [2021年2月]国内旅行の取扱額が微増

  15. [2020年7月]旅行取扱額が87.4%減少

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。