[2021年通年]訪日外国人数は前年比94%減

日本政府観光局(JNTO)は、2021年12月と2021年通年の訪日外客数(訪日外国人数)を発表した。

▼リリース内容はこちら
https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/since2003_visitor_arrivals.pdf

2021年12月の訪日外国人数は12,100人で、前年同月比79.4%減だった。この結果、2021年の通年の訪日外国人数は24万5,900人で、前年同月比94.0%減だった。

2021年の訪日外国人数は、1964年に統計が開始されて以来最小となった。2020年に続き、新型コロナウイルスの影響で入国制限が行われたことが主な要因だった。

Contents

■2021年の訪日外国人数の国籍別ランキングトップ5

ランキングは次の通り。

1位 中国(42,300人)

2位 ベトナム(26,500人)

3位 米国(20,000人)

4位 韓国(19,000人)

5位 インド(8,800人)

上記の通り、トップは中国であった。中国は、人口規模もさることながら、経済成長していることや日本へのアクセスが良いことが要因であろう。

2位はベトナムであった。技能実習生制度等を利用したビジネス目的での来日が要因と見られる。

■2022年に向けて

2022年に入っても、オミクロン株の感染が広がっている。このため、入国制限の大幅な緩和は行われない見込みだ。

しかし世界では、入国制限の緩和が行われている国もある。

新型コロナウイルスの感染は拡大しているものの、長期化による経済への影響も出ている。感染拡大を防止しつつ、どのように入国制限を緩和するかが注目される。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [2022年3月]訪日外国人数が前年同月比5倍以上

  2. [2022年10月]訪日外国人数、前月の2.5倍に

  3. [2020年5月]旅行取扱額が97.6%減少

  4. 「にっぽんの温泉100選」が発表

  5. [2021年6月]訪日外国人数が3倍超

  6. [令和4年2月]訪日外国人旅行の取扱額が2倍

  7. [2023年2月]訪日外国人数、今月も140万人超え

  8. [観光庁]外国人旅行者が訪日旅行中に困ったことランキング

  9. [2020年12月]訪日外国人数が58,700人に増加/通年では87%減少

  10. [2020年12月]国内旅行の取扱額の回復が鈍化

  11. [2020年9月]訪日外国人数が1万人を回復

  12. [2023年5月]訪日外国人数、今月も200万人目前

  13. [2023年8月]訪日外国人数215万人、2019年比の8割超え

  14. 民泊の状況はどうなっているのか

  15. [2020年7月]旅行取扱額が87.4%減少

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。