[2020年12月]訪日外国人数が58,700人に増加/通年では87%減少

日本政府観光局(JNTO)は1月20日に、2020年12月の訪日外国人数を発表した(リンクはこちら)。

それによると、その月の訪日外国人数は58,700人で、11月の56,700人から2,000人増加した。詳細な数値は次の通り。

増加に貢献したのはフィリピン、ベトナム、そしてインドからの訪日外国人だ。ビジネス関連での往来や、留学・家族などの入国が緩和されたことが背景にあるようだ。

2020年12月の訪日外国人数が発表されたことに伴い、2020年の通年での数字も公表された。通年での訪日外国人数は411万人で、前年比で87.1%減少した。訪日外国人数4,000万人という政府目標は、当然ながら達成されなかった。

以上のように、訪日外国人数は増加傾向にある。しかし現在は、変異ウイルスの拡大を受け、外国人の新規入国は全面的に停止されている。このため、今後の訪日外国人数の大幅な増加はすぐには見込めないだろう。

訪日外国人数を増加させることは景気回復にとって必要かもしれない。しかし同時に、国民の健康を確保することも必要であろう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [2020年3月]訪日外国人数が93%減少

  2. [2020年1月]訪日外国人数が減少

  3. [2020年11月]宿泊者数・客室稼働率が共に回復傾向

  4. [日本の都市特性評価2019]トップはどの都市だったのか

  5. 旅館/ホテルの予約経路はどこが最大か

  6. [2021年8月]訪日外国人数が約3倍

  7. [2020年8月]国内旅行が更に回復

  8. [2019年夏休み]人気旅行先ランキング(国内)

  9. [2020年12月]日本人の宿泊者数・客室稼働率が共に悪化

  10. [2021年通年]訪日外国人数は前年比94%減

  11. [2020年9月]訪日外国人数が1万人を回復

  12. 2018年の宿泊業での給与は伸びたのか

  13. [2021年11月]訪日外国人数が半減以下

  14. [2020年6月]旅行取扱額が92.9%減少

  15. [訪日外国人]平成最後の統計を図で振り返る

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。