[令和3年10月]訪日外国人旅行の取扱額が約2倍に

観光庁は12月10日に、主要旅行業者の旅行取扱状況速報 (令和3年10月分)を発表した。詳細は次の通り。

▼リリース内容はこちら
https://www.mlit.go.jp/common/001444838.pdf

上記の通り、海外旅行と(訪日)外国人旅行で、取扱額が前年同月を上回り、約2倍となった。コロナ禍前の水準には程遠いが、着実に回復している。

一方で国内旅行は、前年度に東京を含む全国でGo To トラベル事業が実施されていたこともあり、取扱額は前年同月比で減少した。

少しずつではあるが、経済活動が回復している。人々の旅行欲の強さが現れた結果だろう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [2022年6月]訪日外国人数、3ヶ月連続で10万人超

  2. [2023年1月]訪日外国人数、単月で140万人超え

  3. 中国人観光客はなぜ日本に来るのか

  4. [2022年]訪日外国人数、年間383万人

  5. [2020年5月]今月も訪日外国人数が99.9%減少

  6. [2020年6月]旅行需要が持ち直し傾向

  7. [令和4年2月]訪日外国人旅行の取扱額が2倍

  8. [2020年9月]訪日外国人数が1万人を回復

  9. [2020年12月]訪日外国人数が58,700人に増加/通年では87%減少

  10. 旅館の休館日はいつなのか

  11. [2021年5月]国内旅行の取扱額が大幅増加

  12. ホテルが多すぎる?

  13. [宿泊業]2019年冬のボーナスはどうなったか

  14. [2023年6月]訪日外国人数、200万人突破

  15. 「にっぽんの温泉100選」が発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。