[2021年3月]国内旅行の取扱額が増加

観光庁5月21日に、主要旅行業者の旅行取扱状況速報 (2021年3月分)を発表した(リンクはこちら)。それによると下記の画像の通り、総取扱額は前年同月比で122.5%である。前年同月よりも増加した。

内訳を見ると、海外旅行と外国人旅行は前年同月比で減少した。しかし国内旅行が前年同月比で163.3%と大幅に増加したため、全体としては増加した。

前年同月といえば、経済に対する新型コロナウイルスの影響が大きく出始めた時期でもある。2021年3月の国内旅行の取扱額が1年前と比べて回復しているというニュースは喜ばしい。

しかし、国境をまたぐ旅行は未だに制限されている。そのことは、海外旅行と外国人旅行の取扱額が悪化していることに現れている。

旅行業界は全体としては着実に回復しているため、現状のペースが続くことを期待する。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [2024年3月]訪日外国人数308万人、単月として初の300万人超

  2. [2020年11月]国内旅行の取扱額が更に回復

  3. [2023年11月]訪日外国人数244万人、累計2,000万人超え

  4. [2021年通年]訪日外国人数は前年比94%減

  5. [2020年9月]訪日外国人数が1万人を回復

  6. [2023年1月]訪日外国人数、単月で140万人超え

  7. [日本の都市特性評価2019]トップはどの都市だったのか

  8. [2021年5月]国内旅行の取扱額が大幅増加

  9. [2022年11月]訪日外国人数、100万人弱まで急回復

  10. [2021年6月]訪日外国人旅行の取扱額が大幅増加

  11. [2022年4月]訪日外国人数、約2年ぶりに10万人超

  12. [令和4年1月]訪日外国人旅行の取扱額の増加が継続

  13. 2019年11月下旬の週末は各地で混雑するのか

  14. 2018年の宿泊業での給与は伸びたのか

  15. [人気ツアー]グランプリ受賞はこちら

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。