[2021年8月]訪日外国人数が約3倍

日本政府観光局(JNTO)は、2021年8月の訪日外国人数を発表した(リンクはこちら)。

発表内容によると、7月の訪日外国人数は25,900人で、前年同月比で199.1%の伸率である。つまり、前年同月の3倍の訪日外国人数が訪れたことになる。要因は、東京オリンピック・パラリンピックの出場選手や大会関係者の入国と見られる。

コロナ禍前は毎月200万人以上の訪日外国人数が訪れていた。そのため、今回の25,900人という数値は、訪日外国人数がほぼ回復していないことを示す。

日本では依然、一部の例外を除き、新規入国や観光目的の入国は認められていない。ビジネストラックやレジデンストラックの運用も停止されている。

回復の兆しが見えるまで、まだ時間がかかるようだ。

  • コメント: 0

関連記事

  1. [2022年8月]訪日外国人数、5ヶ月連続で10万人超

  2. [2023年7月]訪日外国人数232万人、年間2000万人に迫る勢い

  3. 中国人観光客はなぜ日本に来るのか

  4. [2020年9月]国内旅行の取扱額が回復傾向

  5. [観光庁]延べ宿泊者数76.8%減少。客室稼働率16.6%

  6. [2020年11月]宿泊者数・客室稼働率が共に回復傾向

  7. [令和4年2月]訪日外国人旅行の取扱額が2倍

  8. 訪日外国人数4000万人の目標は達成できるのか

  9. 沖縄とハワイは何が違うのか

  10. [2020年12月]訪日外国人数が58,700人に増加/通年では87%減少

  11. [2020年7月]訪日外国人数が4ヶ月連続で99.9%減

  12. [2021年3月]国内旅行の取扱額が増加

  13. [令和4年1月]訪日外国人旅行の取扱額の増加が継続

  14. 2018年の宿泊業での給与は伸びたのか

  15. [2021年7月]訪日外国人数が大幅増加

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。